ニコニコする女性たち
若い女性

トレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理的な活性度はビタミンAの約50-100倍あります。
このビタミンA(レチノール)の誘導体は、人の身体の血液中にわずかですが存在しています。
ですから、アレルギー反応を起こすことはありません。
このトレチノイン、米国ではニキビの治療医薬品として、FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されており、安全性は確認されています。
日本では治療薬として使われることがすくないのですが、アメリカではニキビ治療の第一選択薬にもなっています。
それほど、ニキビに対しての効果は絶大と言うことです。
また、トレチノインは皮膚の若返り薬としても使用されています。
それほど、ニキビに対しては効果を発揮します。
また、 皮膚の細胞のターンオーバーを早くしてくれるため、古い角質をどんどん排出してくれます。
肌がどんどん生まれ変わることで皮膚を押し上げてくれて、そのことでニキビ跡に対しても非常に効果的です。
さらに、皮膚細胞のターンオーバーを活性化することで、角質層メラニンを外へ押出し美肌効果にもすぐれています。
この作用のため、シミへの効果もあります。
皮膚細胞のターンオーバーが早くなると、それだけ肌が早く生まれ変わります。
このことで肌を常に新しい細胞へと入れ替えてくれて、肌の真皮でコラーゲンの分泌を高め小じわにも効果を発揮します。
ニキビの場合はトレチノインのみの使用ですが、美白目的の場合にはハイドロキノンを併用します。
しかし、このトレチノインは保険適用外の薬ですので、普通の皮膚科では処方しないこともあります。
ですから、そのような場合には美容皮膚科や美容整形外科などにいくと処方されます。
また、トレチノイン以外にもアゼライン酸を含んでいる医薬品もニキビあとやシミ・そばかすなどの肌の悩みに効果的となっており世界中で使用されています。
アゼライン酸は大麦、小麦、ライ麦などに含まれている成分となっているので、妊婦や授乳している方でも使用することができます。
トレチノインやアゼライン酸のようなお薬を使用される前は必ず、お薬のことを理解し、ご自身の肌にあった医薬品で治療してください。

サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ